手続きを行う

時効の援用を成立させるためには、手続きが必要となります。この手続きの方法についてまずは勉強しておきましょう。

時効援用の手続き方法

  • 自分で手続きを行う方法
  • 司法書士が手続きを行う方法
  • 行政書士が手続きを行う方法

借金に困っている人に

借金にも、時効が存在しています。借金の返済などで悩んでいる人は、時効の援用を成立させるのがおすすめです。また、時効の援用には条件があるので、事前に調べておきましょう。

条件の把握

時効の援用は条件を満たさなければ成立させることができません。また、条件が分かっていないと、成立させることは難しくなるでしょう。時効の援用成立の条件を把握しておくことが、なによりも大切なのです。

[PR]
医療ミストラブルを弁護士に相談
プロが在籍している事務所をリサーチ

時効の援用に関する基礎知識が役立つと話題

説明

最後の支払いから5年

大阪では、借金に悩んでいる人もいるでしょう。借金は相続によって発生することもあります。また、借金には時効があるのです。借金を最後に支払いしてから、5年以上時間が経っていることが時効の援用を成立させる条件として挙げられます。まずは、この条件をクリアしましょう。

ジャッジガベル

訴訟などを起こされていない

借金の貸主から、訴訟を起こされていないことも時効の援用を成立させるための条件となります。また、差し押さえなどされてしまった場合も、時効の援用を成立させることができないので注意しましょう。また、督促状や訴状を無視してもいけません。専門家に相談しましょう。

女の人

借金を認めない

借金があることを貸主が認めてしまうと、時効が中断されてしまうことがあります。まずは、貸主が借金があることを認めていないことが、時効の援用を成立させる条件なのです。ただし、貸主から支払いの督促状や訴状が届いた問に無視してはいけません。時効が中断されてしまうからです。

男の人と女の人

貸主に意志を示す

基本的に時効の援用を成立させる場合、貸主にその意思を示さなければなりません。書類を作成する必要があるでしょう。自分で書類を作成するか、専門家に依頼することになります。このような方法で書類を作成し、貸主に時効の援用を利用させる意思表示をしなければならないのです。

[PR]
新宿で税理士に相談
プロがすぐに対応してくれる

[PR]
離婚で慰謝料を請求
悩みを解決してもらおう

[PR]
司法書士を埼玉で依頼
色々な悩みを相談できちゃう

[PR]
司法書士事務所を東京で利用
日常のトラブルを解消