キレイなオフィス

新たな事業をする

国旗がうつっている

開業費用を節約できる店舗用物件

どんなタイプのお店であれ、新規に店舗を開業する際には設備投資にそれなりのお金がかかります。しかし中でも特に費用がかさむ業種というものがあります。 たとえば飲食店などはさしずめその代表格といえます。客の座るテーブルや椅子はもちろん、カウンター・内装・厨房機器などはいずれも高額の購入費や工事費が必要です。 また、厳密にはお店ではありませんが歯科医院なども事情は同じです。治療機器をはじめレントゲン装置・患者の座る診療台・待合室の造作などすべてを調えるのはなかなか大変です。 こうした設備をすべてゼロの状態から揃えなければならないのであれば、新規開業は資金力のあるごく限られた人しか実現できないことになります。そこで現在では、資金の少ない人でも開業可能な店舗用物件が出回るようになってきています。それが居抜き物件です。

リース方式で設備を利用できるタイプもある

居抜き物件とは、特定の業種のお店をひらくのに必要な設備、たとえば飲食店であれば客席や厨房機器などがすべて揃っている不動産物件のことをいいます。つまり簡単に言えば、前のテナントも飲食店をやっていて、そのとき使っていた設備がそのまま残っているのです。 こうした業務用の設備は、取り付ける場合だけでなく運び去る時も工事費や処分費がかかります。そのため、居抜き物件としてそのまま利用すれば新しいテナントは設置費用を、前のテナントは撤去費用を節約することができるわけです。 一般の事業用物件と同様に、居抜き物件には購入と賃借の2種類の利用形態があります。物件自体を購入する場合は設備も購入、賃借の場合は設備はリース契約となるのが一般的ですが、賃借で設備のみ購入というケースもあります。